製造工程

MAC株式会社

MAC包丁開発の起源

1954年現創業会長は、アメリカシカゴ美術大学に留学しました。
留学の合間にアルバイトをしましたが、レストランでコックの仕事を任されていた時に、その店から与えられた包丁は、重くて、切れない、先がとがった危険な包丁で、悪戦苦闘していた時に事故に合い、床に落としたことがありました。
その時に包丁の先が床にささり、もう少しのところで足に大怪我をするところでした。
床にささって抜けない包丁をこじりとったところ、先から3cmのところで折れてしまいました。
折れた包丁はあまりにも醜かったために砥石で先を丸して、ついでに刃付けもしたところ、非常に使い勝手が良く仕事がはかどったことを述懐していました。

何故、先が鋭くとがった包丁がこうも一般的に使用されているのか不思議でなりませんでした。
危ない・重い・不便と何もメリットがないではないか。
刃先の必要な料理にどのようなものがあるのか、考えてみました。
当時、アメリカ料理に包丁の刃先がどうしても必要な料理は何一つなかったし、毎日コックとして料理をしていても丸い刃先で何の不自由も感じていませんでした。
むしろ、心理的にも安心して料理に専念できたことを述懐しております。

1958年に帰国後、多種多様な職歴を経て、1965年(昭和40年)に包丁メーカーとして独立を致しました。
より安全な、より切れる、より軽い、より使いやすいをテーマに包丁の製造に取り掛かりました。

MAC包丁開発の起源

製造工程

工程順番 工程名称 工程内容 対象包丁 工程数 写真
1 プレス 包丁型・柄の穴 2
2 洗浄 油落とし(トレクン洗浄) 1
3 焼入れ 自動ラインで、余熱後、窒素を充填し無酸素で
1030℃から1060℃で焼き入れ後、空冷
3
4 冷却・歪み直し 焼入れで曲がろとする鋼材を、プレスして冷風を当て
常温まで冷却することで曲がりをなくす
2
5 サブゼロ 液体窒素を使用して-196℃まで冷却することにより、
より高密度で整然と整列した金属組織になり、硬度が
高く仕上がる
1
6 焼き戻し 約200℃で焼き戻し、刃に柔軟性を持たせる 1
7 歪直し 一本ずつ小さなハンマーで包丁のひずみや曲がりを
直す
2
8 鉛で焼き戻し 口金を溶接すると高温になり折れやすくなるので、
事前に柄だけを焼き戻ししておく
口金付きのみ 2
9 背研ぎ プレスで切断したときの歪やバリを研磨して職人が
磨く
1
10 自動研磨 水を使って包丁の両面を背から刃に向かって、根元
から先端に向かって3次元的に薄く研磨する
2
11 水研ぎ 熟練の職人が全身の体重をかけて、包丁の刃の真ん
中から下を削いで薄くする
2
12 包丁洗浄2・乾燥 包丁を洗い拭いてから乾燥させる 2
13 研磨 顎・背・水研の境等を研磨 4
14 目通し(左右) 水を出しながら自動研磨機で、段差をなくし薄く研ぎ
ながら化粧磨きをする
2~4
15 口金溶接 左右別々の口金の金属部品を、包丁の柄に溶接する 口金付きのみ 2
16 高周波焼き戻し 溶接した部分を高周波の加熱機で、部分焼き戻しを
する
口金付きのみ 1
17 口金カッター ハンドルと隙間なく柄を装着するため、溶接部を
垂直に切る
口金付きのみ 2
18 口金磨き1 口金の周り( 荒磨き)、口金のツバ元
(溶接の段差を取り羽布で仕上げ)
口金付きのみ 4
19 ディンプル 刃に砥石でディンプル(くぼみ)を削って彫る
→片面2回を両面
ディンプル付きのみ 4
20 口金磨き2 口金の周り(荒磨き)、口金のツバ元
(溶接の段差を取り、砂砥石→羽布で仕上げ)
口金付きのみ 4
21 サテン磨き ディンプルの中の汚れや錆びを取る→両面 ディンプル付きのみ 2
22 洗浄3 マークが綺麗に付けるため、洗剤で洗い水洗いして、
きれいに拭いて乾燥させる
3
23 マーク入れ 表:電食→洗浄→色(黒・青・赤)→乾燥
裏:色(2色)→乾燥
13
24 ビニール袋入れ 刃に傷がつかないために一本ずつ刃をビニール袋に
入れテープで止める
2
25 柄切り出し 積層合板を包丁のサイズに切り出し成型して左右に
切り分ける
3
26 柄顎の研磨 柄の顎(刃の付け根)を研磨 1
27 柄付け 柄の取り付け:穴あけ、ビス止め、カシメ 4
28 柄羽布 柄の腹、背、平面をサンドペーパー(荒/中)で
研磨し段差をなくし、布羽布で磨いて仕上げる
8
29 刃付け1
(カームウェーブ加工)
刃の10mm位の幅で、刃先を薄く研いで、刃の食い
込みをよくする
アルティメイト
シリーズ、BKシリーズ、
QSシリーズのみ
2
30 刃付け2(バリ出し) 刃の両面を研いでバリを出す 2
31 刃付け3
(ホイールバリ取り)
刃の両面を研いでバリを取り、刃先の段差をなくす 2
32 刃付け4(皮仕上げ) 刃の両面を研いでバリを取り仕上げる 2
33 手入れ・検品 包丁を拭いて研ぎ粉や柄の汚れなどをきれいに拭き、
傷や、汚れ、マークなどを検品する
5
34 最終検品 切れ味を調べたり、傷や汚れ、重量や形状など包丁
全体をチェックする
3
35 梱包 箱詰めして梱包する。
(シール貼、スリーブ入れ、保証書入れ、箱詰め、
小箱入れ、小箱ラベル、段ボールに梱包など)
7
36 出荷 出荷 1
水研ぎ 刃付け

品種別の製造工程数

品種(摘要) 品番 工程数
口金付きディンプル包丁 MTH-80,MSK-65,MCK-105D (約)104
口金付き包丁 MBK-95,PKF-50,BON-60など (約)96
ディンプル付き包丁 TH-80,TH-50など (約)89
マックの一般包丁 HB-85,AB-60,CPなど (約)83